先進の道路サービスへ

阪神高速グループ理念 先進の道路サービスへ 阪神高速は、安全・安心・快適なネットワークを通じて お客さまの満足を実現し、関西のくらしや経済の発展に貢献します。

「先進」とは、"今まで以上に良いこと、進歩していること"。
「道路サービス」とは、"高速道路を通じてお客さまにとって役立ち、お客さまの期待を超えて満足していただくこと"。
「へ」に込められた想いは、"昨日より今日、今日より明日、目指すべき方向へ常に歩み続けているということ"。
私たちのグループ理念「先進の道路サービスへ」には、長年培ってきた道路事業に関する技術ノウハウの伝承はもちろんのこと、絶えず先進の技術を活用し、創意工夫を働かせることにより、可能性を広げ、新しい価値を生み出したいという私たちの想いが込められています。

阪神高速グループは、事業を通じて、
積極的にSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。

SDGs(エスディージーズ)とは―持続可能な開発目標

現在、国連主導のもと、全世界でSDGsの目標達成に向けた取り組みが進められています。SDGsが目指すのは、経済成長、社会問題の解決、環境保全がバランス良く達成された持続可能な社会。17項目の目標達成のためには、政府だけでなく企業にも大きな役割が求められています。関西のくらしや経済の発展への貢献を目指す阪神高速グループも、事業を通じてSDGsの達成に貢献していきます。