阪神高速

高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業

高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業

阪神高速

1号環状線で終日通行止めによるリニューアル工事を実施します
2020年11月に約2週間、1号環状線(南行)で工事を予定

阪神高速では、安全・安心・快適を未来につなげるため、構造物の長寿命化に向けた「高速道路リニューアルプロジェクト」に取り組んでいます。その一環として、1号環状線のリニューアル工事を、2020年度と2021年度の2ヵ年で実施することを計画していますのでお知らせいたします。初年度となる2020年は、11月に約2週間の終日通行止めによる工事を予定しています。

1号環状線通行止めの計画

(通行止め区間)

1号環状線の状況

阪神高速の交通量は1日70万台以上におよび、大型車の利用は一般道路に比べて約6倍にもなります。過酷な使用状況下にあるため、供用から50年以上が経過している1号環状線では、コンクリート床版などの損傷が進行しています。また、前回の1号環状線における大規模な補修工事は、2001年と2002年の2ヵ年で実施しましたが、その後20年近くが経過し、現在では舗装や伸縮継手の経年劣化による損傷も顕在化している状況です。このまま構造物の損傷が進展すると、道路の陥没などといった大規模な損傷の発生が懸念されます。そのため、構造物の長寿命化を目的とした抜本的な対策が必要となっています。

前回の1号環状線大規模補修工事の様子(2002年)

阪神高速における損傷と補修の状況

コンクリート床版損傷

舗装損傷

最近のリニューアル工事の実績

年度 工事区間
2017 5号湾岸線(尼崎末広~北港JCT)
2018 15号堺線(全線)・17号西大阪線(全線)
2019 3号神戸線(湊川~京橋)、4号湾岸線(南港北~大浜)

工事の詳細について(今後の予定)

現在、1号環状線におけるリニューアル工事実施に向けて、関係機関と連携し、検討を行っているところです。なお、工事の詳細な内容については、8月下旬を目途にあらためてお知らせいたします。

ページの先頭へ