技術のチカラ

VR360°バーチャル現場見学会 阪神高速1号環状線リニューアル工事2020南行
2021.06.30
工事中:コンクリート床版設置伸縮装置設置舗装(表層) を公開しました。

工事中

床版撤去・設置編2 コンクリート床版設置

12号守口線の南森町・扇町付近で特に損傷の激しいコンクリート床版の取り替え工事が行われました。
今回の取り替え工事では、「プレキャストUFC床版」が用いられました。「UFC床版」は軽量でありながら耐久性が高く、今回使用した「平板型UFC床版」は従来のRC床版に比べ約1/2の軽さとなります。
また、プレキャスト工法を用いることで、現場打ちに比べ大幅に工程を短縮することができます。

UFC床版の概要についてはコチラ

工事中

ジョイント設置・舗設編 伸縮装置設置

事前工事では損傷が顕在化した伸縮装置を撤去しました。今回は段差が生じにくい新しいタイプの伸縮装置を設置します。伸縮装置は橋梁の路面端に設置し、気温の変化や車両通行に伴う橋梁の変形を吸収する役割を持っています。伸縮装置を新しいものに取り替えることで、走行の快適性が向上。沿道環境の改善も図ります。

工事中

舗装編4 舗装(表層)

表層とは舗装の表面のことで、今回はタイヤの荷重や雨水などを直接受ける新しい道路面を作る工事となります。表層には「高機能舗装」を使用。「高機能舗装」により自動車騒音が低減、雨天時には道路の水はけが良くなり、安全性・視認性が向上します。
舗装を新たに打ち換えたところはとても快適に走れるようになっていますので、リニューアル後の阪神高速道路をぜひご利用ください。

バックナンバー

事前工事

工事中

工事後

VR360°現場見学ツアー楽しみ方

「VR360°バーチャル現場見学会」の視聴にはYouTubeアプリ(無料)が必要です。
YouTubeアプリで動画を再生し、スマートフォン・タブレットを傾けたり画面をスワイプすると工事現場の360度全方位を見ることができます。

免責事項
  • 阪神高速道路株式会社は当サイトの利用によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当サイトは予告なしにコンテンツの変更・削除を行うことがあります。あらかじめご了承ください。
  • 「VR360°バーチャル現場見学会」の視聴は無料ですが、視聴時にかかる接続料やパケット通信料はお客様のご負担となります。