阪神高速 未来(あす)へのチャレンジプロジェクト



阪神高速道路(株)は、グループ会社6社(※1)及び(一財)阪神高速地域交流センターとともに、【阪神高速 未来へのチャレンジプロジェクト】をスタートしました。

本プロジェクトは、市民団体が阪神高速道路沿線で行う公益的な活動に対し、公募により助成を実施するもので、持続可能な開発目標(SDGs)の目標の1つである「17.パートナーシップで目標を達成しよう」で示されているように、協働により社会課題の解決を図り、地域・社会の持続的発展及びSDGs達成へ貢献していくものです。
本プロジェクトを通じ、長期にわたり継続的に地域・社会に貢献できる活動を応援し、明るい未来の共創に努めてまいります。

(※1)阪神高速サービス(株)、阪神高速技術(株)、阪神高速パトロール(株)、阪神高速トール大阪(株)、阪神高速トール神戸(株)、阪神高速技研(株)

第1回助成の概要

1.応募要件

公益的な活動を行う非営利の市民団体(※2)であり、事業のエリアに、阪神高速道路が通過する市町が含まれていること など

(※2)特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、任意団体など(一般社団法人、一般財団法人は非営利型に限る)

2.募集分野

あらゆる人たちが、将来にわたって安全・安心に暮らしていけるための取り組みで、3つのテーマ(①安全・安心なまちづくり、②持続可能な環境づくり、③次世代を担う人づくり)に沿った事業プランを募集。特に、創意工夫があって、チャレンジ精神旺盛なプランを応援

3.助成金額及び件数

1事業あたり50万円以内で、合計8事業程度

4.助成対象期間

1年間(2021年10月1日~2022年9月30日)

5.応募期間及び方法

2021年6月23日まで募集を行っています。
募集要項、申請書のダウンロード等、第1回助成の詳細については、下記専用サイトをご確認ください。
(助成事務局の社会福祉法人大阪ボランティア協会のホームページにリンクします)

※応募期間は終了しました

第1回助成事業について

2021年4月16日~6月23日まで募集しました第1回助成には、数多くの団体から魅力ある事業(計53事業)のご応募がありました。ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。 厳正に審査した結果、以下の8事業へ総額約370万円の助成を実施することを決定しました。今後も、当プロジェクトを通じて、地域・社会の持続的発展に貢献できる活動を応援し、明るい未来の共創に努めてまいります。

No. 団体名 事業名称 事業概要
1 特定非営利活動法人
いけだエコスタッフ
「食とエネルギーの地域内循環」をテーマとした持続可能なまちづくり 池田市において、再生可能エネルギー(主に小水力発電)による電力調達の可能性を検討するため、発電ポテンシャル調査や実証実験を実施する。
2 特定非営利活動法人
関西NGO協議会
子どもの権利条約を掲げSDGs達成を目指すユースリーダー育成とユースアクションプラットフォームの構築~ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 開催に向けて~

国際協力やSDGsを推進するユースリーダーを育成し、阪神地域の課題や世界的な課題を解決するための実践的な活動を通して、アクションプラットフォームをつくる。
3 特定非営利活動法人
ここからKit
子育て世代が主役となる災害に強いまちづくり推進事業

子育て世代が主体となり、地縁組織と連携して防災を考える場づくりや講座を開催し、地域住民に対して「知っていれば守れるいのちがある」を伝える。

4 特定非営利活動法人
児童虐待防止協会
学校現場での子ども虐待予防教育推進のための取組み 学校の教員や関係者が子ども虐待予防教育の理解を深め、授業に取り組みやすくするための冊子を作成、大阪府内の高校へ配布し、その普及・推進を図る。
5 多文化共生センターひょうご 多言語による地域の交通安全推進のためのツール作成 在住外国人に対し、日本の交通法規や交通安全に対する理解を促す多言語版ツールを作成し、地域の日本語教室等でこれらを用いた交通安全に関する理解促進の場を提供する。
6 特定非営利活動法人
日常生活支援ネットワーク
地域防災を障害当事者や福祉サービスも交えて考えるcovid-19の時代 災害で取り残される多様な当事者(障害者・高齢者等)によるコロナ禍で起きていることの証言・検証を基に、平時から地域・市民・当事者・支援者が繋がる機会つくりに取り組む。
7 特定非営利活動法人
プラス・アーツ
BO-SAIキッズクラブ ぼうさい〇〇プロジェクト 防災キッズクラブを設立し、受け身ではなく防災分野の様々なプログラムを企画、実践する主体的、探究的学びの場を創造する。
8 特定非営利活動法人
北摂こども文化協会
関西初のプレイカーによる移動式遊び場づくり プレイカーを通じた遊び場サポーターの養成、移動式遊び場の開催により、子どもの健やかな成長を支えると共に、多世代交流型の安心安全な地域コミュニティを創る。

(団体名の50音順)

参考:ロゴマークのコンセプト

ロゴマークは、輝く未来のために立ち上がるプロジェクトの力強さとともに、下の帯を道路に見立て、流れるようなプロジェクトの道のりを表現しています。また、コーポレートカラーの「青」に加え、愛・温かい想いの「赤」、明るい光の「黄」、豊かな環境の「緑」と、ロゴマークの色でも本プロジェクトがめざす姿を表現し、あらゆる人が将来にわたり安全・安心に暮らしていける明るい未来づくりへの想いを込めています。

阪神高速グループは、事業を通じて、積極的にSDGsの達成に貢献します
(事業とSDGsとの関係イメージ図)

SDGsがめざすのは、経済成長、社会問題の解決、環境保全がバランス良く達成された持続可能な社会。17項目の目標達成のためには、政府だけでなく企業にも大きな役割が求められています。
関西のくらしや経済の発展への貢献をめざす阪神高速グループも、事業を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。