企業情報中期経営計画(2020〜2022)の策定について 

阪神高速グループ理念「先進の道路サービスへ」と阪神高速グループビジョン2030の実現に向け、ビジョン2030に掲げた6つのありたい姿を柱として、今後3年間で取り組む重点施策や数値目標を取りまとめた「中期経営計画(2020~2022)」を策定しました。
今後とも、関西の発展に貢献し、地域・社会に愛され信頼される阪神高速グループとなるよう、「徹底したお客さま目線」を基本目線とし、グループ一体となって、本計画を推し進めてまいります

中期経営計画の位置付け


阪神高速グループビジョン2030では、2030年にグループの目指す姿として6つのありたい姿を掲げています。この6つのありたい姿の実現に向けて、ビジョン策定後の、ICTやIoT、AIや自動運転等の急速なデジタル社会の進展、SDGs達成への貢献及び大阪・関西万博開催決定等、阪神高速グループを取り巻く経営環境の変化を踏まえ、今回の中期経営計画を策定しました。

計画期間は、2020~2022年度の3カ年とし、リニューアルプロジェクトの本格実施や、淀川左岸線(2期・延伸部)及び大阪湾岸道路西伸部の整備を着実に推進する新たな段階(ステージ)を迎える計画と位置づけています

中期経営計画における主な施策・取組み

6つのありたい姿ごとに、以下の施策に取り組みます。

1.最高の安全と安心を提供する阪神高速
  • リニューアルプロジェクトの着実な推進
  • 災害に強い阪神高速
  • 交通安全対策の実施
  • 良好な走行路面の確保
  • 効率的な維持管理の実施
2.もっと便利で快適なドライブライフを実現する阪神高速
  • ネットワーク整備や渋滞対策等による円滑な交通の実現
  • より快適な走行を目指した情報提供の充実
  • パーキングエリアの充実を始めとする新たなサービスの展開
3.世界水準の卓越した都市高速道路技術で発展する阪神高速
  • 新たな技術開発、先進技術の適用
  • 自動車技術の進歩にも適応した先進的な交通運用技術の開発
  • 卓越した技術力・ノウハウの持続的なイノベーション
4.お客さまや社会に満足をお届けする多彩なビジネスを展開する阪神高速
  • 高速道路事業で培った技術・ノウハウを活用した事業展開
  • 新たな事業等への積極的展開
  • 国際事業の推進
5.関西の発展に貢献し、地域・社会から愛され信頼される阪神高速
  • 社会経済活動の活性化や都市構造の強靭化
  • 環境経営の推進
  • 社会貢献活動による地域・社会の発展
6.経営基盤を確立し、グループ社員がやりがいを実感できる阪神高速
  • お客さまをはじめとしたステークホルダーの声を反映した経営
  • 信頼性の向上
  • 働き方をかえる取組みの推進
  • また、2025年大阪・関西万博開催に向けて、交通の円滑化や景観の向上等に取り組んでいきます。
  • さらに、阪神高速グループは、6つのありたい姿の実現に向けた事業活動を通じて、SDGsの達成に積極的に貢献していきます。

数値目標(財務指標)

高速道路事業

高速道路機構が保有する債務の返済に向けて、お客さまからいただく料金収入を原資として、道路資産賃借料を着実に支払います。

【2020~2022年度累計】
料金収入 5,543億円
道路資産賃借料 4,287億円

関連事業

一層の事業規模拡大に向けて関連事業の展開を図ります。

【2022年度】
営業収益(連結) 58億円
営業利益(連結) 8.5億円
(参考:営業利益率(連結)14%)

資料

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。