重要テーマ1 最高の安全と安心を提供する阪神高速を目指して交通安全対策

お客さまに安全・安心に走行していただくため、24時間365日体制でパトロールや交通管制業務を行うとともに、交通事故を削減してより安全な高速道路とするため、交通安全対策に取り組んでいます。

交通管理業務

事故車・故障車や、法令に違反する車両などを早期に発見・処置することで、安全・安心・快適な道路の提供を目指しています。管制業務は常時カメラで交通状況を監視し、必要により警察・消防などと連携を取り適切な措置を講じます。巡回業務は道路パトロールカーによる巡回で発見した事案の処置を行います。機動支援業務はレッカー車により障害車両の引き起こしや災害時の車両排除などを行い、取締業務では車両の重さや寸法などが違反している車両を取り締まります。これらの業務を適切に行うことでお客さまが安全に高速道路をご利用いただけるよう管理しています。

交通規制による落下物の回収
料金所での違反車両取り締まり

第3次アクションプログラムに基づく着実な安全対策の実施

「阪神高速道路の交通安全対策第3次アクションプログラム」に基づき、「事故多発区間」を中心に、事故発生状況の分析に基づく安全対策、標識改良やカラー舗装によるわかりやすい案内などを通じた、より走りやすい走行空間の創出を着実に進めています。また、逆走・誤進入対策にも引き続き注力します。