トップページ > 技術・工法ライブラリー > 維持管理 > 橋梁 > 狭い施工作業空間でも短時間で可能!炭素繊維シート巻立て工法による耐震補強技術

維持管理

イメージ 狭い施工作業空間でも短時間で可能!炭素繊維シート巻立て工法による耐震補強技術

コンクリート橋 | 橋梁

狭い施工作業空間でも短時間で可能!
炭素繊維シート巻立て工法による耐震補強技術

建設場所:野田阪神駅前商店街、姫島駅前センター街、塚本商店街

キーワード 耐震補強、 商店街、 炭素繊維シート

1995年1月17日早朝に発生した兵庫県南部地震は、阪神地方を中心に甚大な被害を与えました。阪神高速道路においても例外ではなく、特に3号神戸線では5箇所で落橋に至るなど大きな被害を受けました。同じ被害を二度と出さないよう、阪神高速道路では平成7年度から、コンクリート橋脚柱部に鋼板、コンクリートを巻き立て、耐震補強を行ってきています。

鋼板、コンクリート巻き立て工法とはコンクリートの橋脚に鋼板またはコンクリートを巻き立て、橋脚部を耐震補強する工法です。鋼板を巻き立てた場合には、内部にモルタルを注入し、一体の構造としています。

写真:野田阪神現場 しかし、野田阪神駅前商店街、姫島駅前センター街、塚本商店街内にある橋脚(約35本)においては、施工作業空間が狭い(撤去復旧範囲を最小限にする必要がある)、営業中の店舗が多数ある(工期短縮が必要)といった観点から、炭素繊維シート巻き立て工法が採用されました。

炭素繊維シートは、鋼板とは違って、軽量でやわらかく、裁断加工が可能で、施工範囲を小さくすることができるなど現場適用性が高いことが特徴です。また、炭素繊維シートは何層も重ね貼りし、樹脂を浸透させることによって硬化させ、一定の範囲内においては、鋼板補強に匹敵する効果を得ることもできます。加えて、樹脂は短時間で硬化確認できるため、工期短縮にもつながります。

その一方で、通常の鋼板巻き立て、コンクリート巻き立て工法と比較して、橋脚基部と一体になった補強効果が得られにくいことや、火災に弱い等の短所があるため、阪神高速では炭素繊維シート巻き立てによるコンクリート橋脚耐震補強は、現場条件・橋脚形式に制約を受ける場合に限定して適用しているのが現状です。

関連リンク