阪神高速の取り組み震災資料保管庫 〜阪神淡路大震災での被災経験を後世に語り継ぐために〜

 阪神高速では、平成7年に発生した阪神淡路大震災での被災・復旧経験を風化させることなく後世に語り継ぐため、社会貢献活動の一環として、平成11年10月に『震災資料保管庫』を開設し、被災した高速道路損傷構造物を保管しています。
これまでにも、行政関係者や専門技術者、小学校の地震防災学習の観点での見学など、多くの方々にご来場頂いております。

 震災が発生して15年、震災資料保管庫開設10年を機に、阪神高速道路の沿道地域の皆様や、被災経験のない「未来の技術者の卵」である子供たちにもわかりやすくご覧頂くため、平成21年12月に、震災資料保管庫を『リニューアル』致しました。

 また、平成22年1月17日(日)に、リニューアルしました震災資料保管庫を皆様にご覧頂くとともに、平成27年1月10日(土)、11日(日)に、震災から20年を機に、特別公開を行いました。

 平成22年7月より第1・3水曜日に開館しておりましたが、より多くの一般の方々にご覧頂くために、平成23年1月16日(日)から、毎月第1・3日曜日も一般公開を開始しております。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、見学申込の受付を休止いたします。
今後の詳細については(一財)阪神高速先進技術研究所のホームページをご確認ください。  
https://www.hit.or.jp/hokanko/inspection.html 

写真:震災資料保管庫〜阪神淡路大震災での被災経験を後世に語り継ぐために〜
写真:震災資料保管庫〜阪神淡路大震災での被災経験を後世に語り継ぐために〜

バーチャル震災資料保管庫

バーチャル震災資料保管庫概要及び閲覧は下記URLからアクセスください(外部リンク)。
https://kansai-doboku-style.com/post-596/
ご覧になられる際は、以下のブラウザを推奨しております。
・Google Chrome
・Microsoft Edge
・Firefox