阪神高速の取り組み交通管制システム「HI-TEX」とは

【情報収集】
多様な情報収集機器を駆使し、膨大な交通データを収集。

複雑な交通流を一括管理する交通管制システムは、膨大な交通データを収集することから始まります。
後の迅速な情報処理・提供・現場対応につながる重要な情報収集は、交通の流れを絶えず円滑に、かつ安全・安心・快適な走行を実現するために欠かせない行程のひとつです。

【情報処理】
社会インフラを支える交通管制システムの中枢を担う情報処理。

収集した膨大なデータをもとに分析・整理・予測し、交通情報を各情報提供先へと渡す役割を持つ情報処理。重要な社会インフラである高速道路が滞ることのないよう、24時間365日見守る交通管制システムの要です。

【情報提供】
お客さまの快適な走行と安全を確保する高度な情報提供。

収集・処理によって導き出した交通情報を、走行中のお客さまへ分かりやすく適切に伝える情報提供。多様な提供手段を用いてお客さまの快適な走行と安全を確保し、円滑な交通流につなげる重要な役割を担っています。

【現場対応】
より安全で安心な高速道路の実現に必要不可欠な現場対応。

パトロールカーと連携しながら、都市高速の安全維持に取り組む現場対応。交通管制室とパトロールカーが常に情報を共有し、交通状況の把握と異常事態の早期発見・早期回復に努め、高速道路の安全を見守り続けています。